日々是好日

暮らしのあれこれ雑多書き/最近ライターを始めた文学女子/読書/物書き/活字中毒者の切なる思いなどを綴るノート的なもの/執筆の件はメッセージください

自分のペースを作るためにしている3つのこと

f:id:yurichannel:20160821233803j:plain


こんばんは!
もう日付が回ろうかという時間にブログ更新です。

最近よく考えることに「自分のペース」を作ろうというテーマがあります。
元来、人に合わせて合わせて合わせすぎて疲れるタイプなので、自分の中ではどうにかその部分を改革したいという気持ちが強いようです。
自分の思うように行動したいし、周囲の様子を伺いながら生きていくのも嫌だなという気持ちがあります。

そのためには自分のペースを作る必要があるんだと思うんです。
自分のペースがあれば、自分に自信が付きますし、人から嫌われることにも怖くなくなると思うんです。
人から嫌われるのってやっぱり怖いです。

こうやってブログをしている時点で、自分を発信しているわけですから批判が来てもおかしくない状況ですし。
(まだ批判されるほどでもないなんていう批判はしないでねw)
自分の考えを真っ向から否定されるのって悲しいし、別に良いやって思えるまで強くなるのに時間がかかると思う。


こんなのを読んでみると良いのかもしれませんが、未読です。
いずれ読んでみようと思いますw



そこで自分なりに気を付けていることをあげていきたいと思います。

まねる

いきなり他人基準かい!と思われそうですが、自分を確立するには成功している人のまねをするのが一番手っ取り早いと思っています。
自分一人じゃ考え付かなかったことを、成功している人は身をもって教えてくれるのですから、こんな効率の良いことはないですよね。
良いなと思ったことは、素直にまねしてみるのがモットーです。


しかし、同じようにまねするだけでは結果が出ないのは当たり前です。
自分なりに改良して、自分に合ったやり方で実践しなければ効果は出ませんので、そこは自分の努力だと思います。
人をまねて自分のものになって時に、自分のペースが出来上がってくるのだと思うので、それまで精進したいと思います。

休む

どうやらロングスリーパーなのか、休めない状況では良いパフォーマンスが出来ません。
他人よりも少し多めに休むことで、短期集中の良いパフォーマンスが出来ます。

それも自分のペースだと思っています。
休む時間や活動する時間は人それぞれで良いと思うので、自分は自分のペースを保つためにも十分に休みを取るようにしています。
もちろんリフレッシュに時間も必要ですしね。

自分優先に動く

これが一番できていなくて、これからの課題なのですが。
自分優先に動くということを今まであまりしてきませんでした。

元々人から頼りにされることが好きで、それを生きがいにしている節もあったので苦はなかったのですが、今振り返ってみて自分のしたいことや自分はこうありたいというものが薄い気がしてきました。

これではいかんし、もっと掘り下げれば自分のしたいことがみえてくるはずだと思い始めてきました。
挑戦したいことや、力をいれたいことを最優先して、自分のために時間を使おうと思っています。



自分を作っていくのは難しいけど楽しいことに最近気が付きました。
もっともっと人生を楽しむために、今できることを全力でしていきたいと思います。

初心者ライターが心がけたい3つの基本事項

ライターを始めて2か月ほどが経とうとしていますが、仕事をしていく中で自分なりに気を付けなければということが出てきたので、備忘録的に記していきます。
ベテランライターさんやプロブロガーさんたちが見ると「なんじゃこら!?」と思う内容かも(´・ω・`)
しかし、自分の中ではやっと身をもって見つけたことなのです。



記事単価を時給計算しない

私はまだ駆け出しですので、文字単価の低い案件を淡々とこなし、実績を積んでいる状態です。
文字単価が低いということは、もちろん時給換算すると、とんでもない金額になります。
これで報酬といえるのか?というくらいの金額になることも多々あります。

そもそもそんな低い案件を受けてはダメだ、と先輩方に言われそうですが…(p_-)
とにかく「書く」ということと「読んでもらう」ということの経験を積んでいかなければ、良い記事は書けるようにならないと思っているので、今のところは修行の日々です。

1記事当たり1500~2000字の案件がほとんどですので、書くのにかかる時間は1時間程度。
記事内容によっては、情報を整理する時間なども合わせて2時間近くかかってしまうこともあります。

しかし、クライアント様から見たら何時間かかっていようが、納品されたものに対する報酬なのです。
記事のクオリティが全てですので、時間をかけずに適当に書いた記事よりも、時間はかかって割に合わない時給でもしっかりした記事を出してくれる人に継続した仕事の依頼をしたいと思うものです。
少なくとも自分が仕事を依頼する立場なら、そう思います。

だから時給換算してしまうと、どうしても記事自体が疎かになってしまう気がするんです。
会社員なら一時間でこれだけのお金がもらえるのに…なんて考え始めると、ライターでお金を頂くことの意味が分からなくなってしまいます。

それに、しっかりした記事を納品していくと文字単価も上がってきます。
クオリティをあげて成果を出せば、自ずとお金はついてくるので、しっかり自分の納得いく記事を納品していこうと思っています。
次!


読んでもらうということを意識する

記事を書き始めたころは、はっきり言って読者目線で書けていなかったなと思います。
自分の言いたいことをずらっと書き並べて、はい!頑張りましょう!終了!
みたいな記事が多かったような感じがして、読み返すのが嫌ですw
このブログの最初の方も「なんだかなぁ」という感じです(まぁそれはちょっと疲れといいますか色々あって…w)

ネットの記事は、紙媒体の記事と違って「偶然」読んでもらえる記事だと思っています。
検索して自分の書いた記事にたどり着くのが、まだまだ奇跡的な自分ですので、いかにして読んでもらうかということがポイントになってきます。

そうすると重要なのが、タイトルと記事の構成です。
パッと目を引いて「読んでみようかな?」と思わせるタイトル。
そして、読んでよかったなと感じる構成と内容。

この要素が必要となってくるのですが、ここはまだまだ習得できていないところです。
どうしたらより多くの人に読んでもらえるかな、要するにウケる文章を書くにはどうしたら良いかなと試行錯誤する毎日です。
ネタの見つけ方とか、ライターさんたちはどうしているんだろ。
気になる…('ω')


楽しんで仕事をする

これが一番かなと思います。
会社員を辞めてフリーライターになりました、という方をTwitterでたくさん見ますが、みなさん楽しんでいらっしゃる!
本当にウキウキしながら仕事をされているなぁと、いつも励みにさせていただいています。

でも、これが本来の働く姿ですよね。
一度しかない人生で、なんで知らない人に怒られながら楽しくないことを一日中してなきゃならないんだって思います。
職場でよくある人の悪口や噂話に時間を割くのも嫌w無駄ww

別に会社で働くことが悪いことではないんです。
自分としては会社に所属することで得られるものも沢山あると思うので「会社ダメ!絶対!」みたいな考え方ではないです。
でも、楽しめなかったり自分らしくいられない環境なら、別に手放したって良いんじゃない?とは思います。

記事を書くのでも同じです。
書かされている記事よりも、こんなのどうかな?ウケるかな?と自分発信で提案し書いた記事の方が、クライアント様の反応も良い!
そうなると自分も「ウケた!!」と気分が良くなって楽しく書ける。
相乗効果ですね!

これからも、こんな「ウケた!」という瞬間を見つけながら楽しく書いていきたいなと思います。



今回は初めて記事をTwitterに載せてみようかと思っています。
ドキドキ('ω')



ランキング参加しています。
よかったら応援してください!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

やりたいことをやっていたら自然と運が回ってきた話

今日はミラクルな日

今日一日の流れをば。



朝、バイクの爆発音のような音で目覚める。
お盆で帰省したバイク兄ちゃんのツーリングの音。
こんな暑いのにツーリング行くなんて気が知れないと思いつつ起こしてくれてありがとう。


早く準備をしないとお墓参りに行けないといわれ、渋々化粧。
汗で上手くいかない。
何だこの無力感。


テレビをつけるとオリンピック卓球の団体準決勝があっている。
石川佳純絶好調。
応援しすぎで退場になったけど、そんなの関係ねぇ!
最後の愛ちゃんの表情見たら泣けてきた。
いや、あんた凄いんだから!
頑張ったんだから!!


おや?昼ではないか。
お墓参りどころではない、といいつつ祖父母の家へ。


親戚の子供と遊びまくる。
明日絶対筋肉痛。
恐竜ごっことか意外にも体力奪っていくのね。
世のママは凄いわ。


家に帰ってレアチーズケーキを作る←唐突
レアチーズケーキが意外にも簡単に作れることに驚き。
これからお客さん呼ぶときに作っとこうと心に決める。
そして、これこそ女子力だと思い込む。


ついにお墓参り。
結局夕方行くのが正解だった。
日中行ったら倒れていたかも、だってもやしっ子だもの


帰ってTwitter開く。
フリーランスで活動している諸先輩方を勝手にフォロー。
これからの気合入れに活用させてもらおうと勝手にログ。

まさかのフォロバ('ω')


奇跡ミラクルすぎてお礼のメッセ送る。
返事来る!!!!!
歓喜!!!!!!


やばい!!!!!
まさかのランサーさんたちと繋がり出来るなんて(*ノωノ)
感激過ぎて卒倒しそう!!!






いやーーーーお墓参りのおかげなのかな?
こんなミラクル起きるなんて思ってなかったし、これからナットの使い方を変えていかなきゃいけないな。
見るものではなくて発信するものにしていかなきゃ。
勉強になった一日。
もう満身創痍。
眠い(p_-)



なんかこの本読んだ時みたいな感動!!
引き寄せって本当にあるのね('ω')




こんな記事もオススメ
yurichannel.hatenablog.com
最近だけど懐かしい記事
yurichannel.hatenablog.com


ランキング参加しています。
ぽちっと押してくれたら嬉しいです!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

お盆です

さてはて、お盆です。
ブログの更新が滞っていますねぇ。
いかんいかん。

f:id:yurichannel:20160508190030j:plain

お盆ですよお盆。
今年は山の日が出来て、いつもは連休の少ない人でも連休くらいはあるのではないでしょうか。
そんなお盆、どうやって過ごすのがベスト?

毎日暑すぎて倒れそう

とにかく毎日暑すぎてお盆どころではないというのが私の本音。
毎日32~33℃くらいの外気温で、外に出ると暑すぎて倒れるんじゃないかと思うような毎日。
正直「お盆だ!どこかへ出かけるぞ!」なんて気にはなりません。

地球温暖化が進んだというのを身に染みて感じますよね。
自分が子供の時は、もう少し涼しかったのに。
朝のラジオ体操も、涼しくて「夏の朝だ」という感じがして好きだったのに。

今や朝から体操なんて倒れるんじゃないのかって思っちゃう。
年取ったということではなくてw

この暑さどうにかならないだろうか…。

お盆ですね

そしてまぁお盆な訳です。
親戚中が集まってワイワイしているイメージですよね。
我が家も集まるみたいです。

新世紀中が集まると楽しいような面倒くさいような。
たまに会っていらないことばかり言うおばさんっていますよねw
話題がないのかもしれないけども。

なんだか年を取るとデリカシーがなくなってしまうのでしょうか。
そう考えると年は取りたくないものですね。
人のことを考えて生きられるようになりたい。

お盆は色々なことを考えさせられます。

常々気になっているお盆の海外的解釈

常々疑問に思っていることがあります。
お盆の海外的解釈。
外資系の会社は、海外とのやり取りが主ですし、お盆の間日本の会社と連絡が取れなくなっては困るのではないかぁと思ったり。
それとも外資系の会社ってお盆関係ないのかな?
全然知識がないからわからないのだけれども。

日本人以外としては、お盆に先祖の霊が帰ってくるので会社休みます。一週間連絡取れません。
ってなに?とはならないのかな?て思うんですw

自分が礼拝に行くんだったり巡礼にいくんだったりすれば、現実として起こっている出来事での休みだと思うんですけど。
霊が帰ってくるからっていう解釈は日本独特のものなのではないか。
なんて色々と考えていました。

なにはともあれ日本にとっては大事な大事なお盆ですよ。

読書家とは

f:id:yurichannel:20160530183101j:plain


読書好きを公言している私ですが、そもそも読書好きってどのレベルから読書好きって言えるのでしょうか?
皆さんはどのくらい本を読みますか?
どんな読み方をしていますか?
気になったので読書についての記事です。


趣味は読書はどのレベル?

履歴書の趣味欄で「読書」と書くと必ずテンプレート扱いされるというのが読書家あるあるなのですが、どの程度読んでいたら読書家と言えるのでしょうか。
自分は2~3日に1冊読むので、単純計算で月に10冊年間120冊ほどです。
これは読書家と言えるのだろうか?


勝間和代さんなんて、ひと月に100冊以上読んでしまうというのですから、そんな人と比べたら10分の1ですからね。
自分はどうなんだって思いますよね。


本を読むのが好きなら単純に趣味読書で良いじゃないかと思うんですよね。
日本人の平均は年間40冊くらいだそうなので、40冊以上読んでたら読書家でしょうか。


ちなみに読書好きな人は履歴書に必ず趣味は読書と書くのですが、そこで掘り下げられるんですね。
何の本がオススメですか?とか最近何を読みましたか?など。
しかし読書家が本気を出してオススメを言っても本を読まない人は、わかりません。
というか知らない本がほとんどです。
海外文学の説明なんかされた日には面接官は聞かなきゃよかったと思うばかりです。
なので誰でもわかる教科書レベルの、太宰や芥川を挙げると「やっぱりにわか読書家か」となるわけです。
切なすぎる。


だいたい本を読まない人が多くありませんか?
特に文学を読まない人。
文学は暗く古くさいもののイメージがありますが、そんなことはありません。
面白いし笑えるものも沢山あります。

この夏本屋へ行ってみなさん本を読みましょう、読みましょう。


一日一冊読める人

自分の目標として挙げるのが一日一冊読みたいということです。
一日一冊毎日読めば一年で365冊。
かなりの知識の上乗せになります。


一日一冊読めるようになって問題なのは本の調達が間に合わないということw
図書館で借りても、一度に10冊しか借りれないので10日分。
うーん、なかなか忙しくなりそうですが読みたいものを読みたいだけ読めるスキルが身に付くのは素敵ですよね。


量的なものだけで読書家と言えるのか

そもそも読書量を増やしただけで読書家と言えるのかということも考えられます。
多くの本を読んでいると言っても内容が入っていなかったり、人に説明できないようじゃ読めているとは言えないのではないでしょうか。
本を読むというのは、ただ活字を追うだけではありません。
その本の意味や内容を理解し、その世界を自分を見るという作業があってこそ本を読んだと言えるのではないでしょうか。


量的なものは少なくても、一冊一冊を大事に読み込んでいる人は読書家だと思います。
本の読み方ってそれぞれで、同じ本を読んでも違うように感じる人はいるし読み方って面白いんですよ。
読書会なんかに行けばわかりますが、自分が読んだことのある本を紹介している人がいて、全然自分と違う視点で読んでいるのを聞くと感激します。
そして帰って読み返すと全然違って見える。
不思議なものです。


本は人を救う

本は人を救う。Save The Human。
本を読むだけで人生が変わるし、本との出会いが自分を変えます。
これは確実に言えること。


だからいじめられている学生や人生の楽しさがわからない大人は、まず本を100冊読んでください。
話はそれから。
100冊読めば自分の価値観が異常じゃないことが分かります。
自分を守るために本を読むというのも良いと思うんです。



そんなこんなで本について書きましたが、本を読まないという人にこそ本を読んでもらいたい。
本を好きになってもらいたい。
夏と言えば本と思ってほしい。
もちろん他の季節も本を読んでほしい。
そんな密かな願いです。


ランキング参加しています。
応援してください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

どうしてもゆずれないものとは

f:id:yurichannel:20160527204453j:plain

さてはて思い切って退職したわけですが、今日はどうしてもゆずれないものとは何かについて書いてみようと思います。
飛ぶ鳥あとを濁さずで、文句を書く残しておこうなどという魂胆ではありません。
あくまで私的な気持ちの備忘録的なものです。


嘘をつかない

まず大前提として、嘘をつく人は信用できませんよね。
当たり前ですが。
でも結構世の中には平気で嘘付く人いますよね。
自分としては、なんでそんなに嘘をつくのか理解できません。
別に自分の弱みを隠すためだけに付く嘘なら人間だしな、しょうがないかと思えますが往々にしてそうゆう人って人のあら捜しして変な噂を流したり碌なことがないw

嘘をついて生きていたって仕方ないと思うんです。
それは自分にも他人にも同じこと。
自分に嘘をつくのも、かなりつらいものがあります。
何事にも正直に生きていきたいものです。


ということで、自分は嘘をつかないということを大事にしています。
だから他人でも平気で嘘をつく人は嫌いです。信用問題ですよね。


人を蹴落として自分の存在価値を見出さない

これもまた、嘘を付く人にありがちなことです。
自分の存在価値を見出すときに、勝手にライバルと認定した人に攻撃して蹴落として自分の立ち位置を守ろうとする人がいます。
うーん、そうゆうのどうなのかなって思います。
自分の価値って人と比べてではなくて、自分の中に見出すものなんじゃないのでしょうか。
少なくとも私はそう思って生きています。


人を蹴落とす前に自分を磨けよと。
人と比べる前に自分のベストを出さんかいとw


まぁそんな考えなので無駄にライバル視されることも嫌いですし、自分のベストで生きてれば他人と比べることもないだろうと思うんですよね。
人を蹴落とす癖のある人って、結局自分に自信がないのではないでしょうか。
自分に自信があれば、自分基準で動けますものね。
でも分野によるのかな⁉
恋愛が得意でも仕事が苦手なら、仕事の場面では人を蹴落とすかもしれないしな。
逆にバリバリのキャリアウーマンで職場では、物凄く良い人って女性でも人の彼氏横取りしてたりするしなw

何事も得手不得手かもしれない。
しかし、それを表に出すのはカッコ悪いなぁと常々思っているわけでございます。


人を陥れない

これねぇ、私最低の行為だと思うんですよねw
ありもしないミスを作って人のせいにしたり、無視しておいて上司の前で優しくするとかね。
もうどうしちゃったのレベル。
何かあったわけ?w


自分が上位に立ちたい人って、どうしても人を貶めたいのかもしれないなぁ。
やっぱりそうゆう風な上の立ち方は嫌いですね。
だって本当に信頼出来て慕われる人は、何も言わなくても人が寄ってくるもんwその光景を見て焦って貶めるんだろうな。


良く女性の世界で、美人は性格悪いって言われてますが、あれは2~5位くらいの美人の陰謀だと思ってます、私ww
だって本当に美人でキラキラしてる人って、みんな優しいし性格良いし自分に自信があって見てて本当に清々しいんだもの。
絶対2位以下のそこそこ美人が妬んでるんだって!!


それで美人は性格悪いから近寄るな、自分の方が良い子だってアピールしてるんだと思う。
その根性は女性の私からしたら良くわかるんだけど、男性って気が付いてなかったりするからなぁ。
男性読者の方、美人は良い子ですよ。仲良くなりましょうw


自分を押し殺さない

やはり自分らしくありたいというのが自分の中に強くあります。
自分を失ったら終わりだなって思っている節があります。
環境や周りの人間関係で、どうしても自分を表に出すと嫌われてしまう状況って誰にでもあると思います。
自分らしく働きたい、自分の性格(キャラ)をわかって欲しい。
そんな時に誰か一人でも自分をわかってくれる人が近くにいると良いですが、なかなか見方が見つからないのが現実。


そうゆう状況って私にとっては本当につらい。
誰にだって辛い状況かもしれない。
でも、みんなが辛いんだからお前も我慢しろっていうのは違うんじゃないかなと思うんです。


みんながしているから自分もしなきゃいけない。
みんなが言うことが正しいから自分も同じことを言う。というような考え方って簡単かもしれないけど何か違うし怖い。
みんなの言う通りで自分がなくなってしまうのは、本当に自分でいる必要がないし誰だって良い大多数の人になってしまう。
ちゃんと自分をもって、自分らしく生きていきたいものです。


自分の好きなことを大事にする

自分らしくという観点で、嫌いなことをもって生きるというのもモットーなのですが、自分の好きなことを大事にしたいと思っています。
この書く作業もそう。
自分の時間は自分の好きなことに使いたい。
ワガママかもしれないけど、好きなことを楽しめなくなったらやばいと思うんです。
病的な理由で自分の好きなことを楽しめなくなってしまう人もいますが、そうではない場合自分の好きなことは大事にすべきだと思います。


理由は二つ。
一つは、自分の好きなことってなかなか見つからないから。
好きな人もそう。
自分から「好きだ」と思えることって、毎日の小さな選択から見て数少ない事項だと思うんです。
そんな好きを見つけられただけで幸せなんだから、大事にしようよと思う訳です。


二つ目は、人生一回しかないから
突然悟りを開いたわけではありませんw
本当に常々思っています。
私は100歳まで生きる予定ですが、明日死ぬかもしれませんし、そんなこと誰にもわからないんです。
それなら自分の好きなことを少しでも多く楽しんでいた方が良いと思うんですよね。
極論かもしれませんが、自分のやりたいことをやっている人は輝いていますし、それがごく一部の人間のためだけのものではないですからね。



なにやら色々と語ったようですが自分の指針を残しておくのも良いかなと思いまして。
これを忘れず自分の道を邁進していこうと思います。


ランキング参加しています。
応援してください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村

新たな道へ一歩一歩

長らく更新を滞っておりました。
いかんいかん。


というのも、悩みに悩んでいた根源から離れるため仕事を辞めたからです。
仕事を辞める前や、辞めると決めて引継ぎをしたり、その後の手続きでバタついたり…。
という風に毎日が流れて行って気が付いたら1か月半も更新をしていませんでした。
いやはや余裕がないとはこのことか。
余裕は大事ですね。うん、大事。


仕事を辞めたのは譲れないものがあったからで、それは私の若さゆえのものと言われればそうなのですが。
しかし人間だれしも、これだけは嫌だということがあるものです。
そしてこんな風に生きていきたいというものがあるのも事実。
理想通り生きていける人は少ないかもしれませんが、理想に少しでも近づけながら生きていくことは可能です。
そんな風に自分の理想の近づけながら生きていきたいと思ったのも退職した理由でもあります。
まぁ自ら環境を変えた理由については、おいおい書くとして。


さてこの更新を滞っていた間何をしていたかというと(興味あるひといるのか?w)
書いていました。
ん?更新してないじゃないかって?
ブログは書いていなかったけど、確実に毎日書いていました。
ライターをしていました(今もしています)


私は常々書いて生きていきたいと思っていました。
本を読むのも好きだし、自分の考えを発信するのも好き。
大学の論文なんかは書いてて会館すら覚えたほどw
好きなことを仕事にできたら良いなとずっと思っていました。


今は仕事を辞めて時間が有り余っているので、書きまくっているわけです。
周りにこうやってフリーランスのような形で生計を立てている人がいないので、自分に何が必要でどうゆう風にして仕事をしていけば良いのか全く分かっていません。わかっていないというよりは、つかめていないというのが本当かも。
この先自分がどうやって生きていくか、自分の生き方で生きていけるのかわかりませんが、とりあえず今は好きなことをやってみようと思います。


言葉一つで世界は変わりますし、その言葉を自分が発信できればどんなに嬉しいことか。
そんな誰かの世界を変える言葉を紡いでいきたいと思う次第です。
といっても、まだまだ勉強中。
精進するのみです。



ランキング参加しています。
応援してください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村