日々是好日

暮らしのあれこれ雑多書き/最近ライターを始めた文学女子/読書/物書き/活字中毒者の切なる思いなどを綴るノート的なもの/執筆の件はメッセージください

嫉妬について考えてみた

f:id:yurichannel:20160523221615j:plain
何だかどす黒いテーマなような気もしますが必ずしもそうとは限りません。
物事には悪い側面もあれば良い側面もあるからです。

何に嫉妬するか?


日ごろから猛烈に嫉妬するような出来事に遭遇しません。
自分が冷めているからというのもあるかもしれませんがw
特に人に嫉妬することも少なくなってきたように思います。
歳を取ったから?いや考えが変わったからかもしれない。


人は人、自分は自分という考え方が出来るようになったころから嫉妬はしなくなったように思います。
ある種の諦めというか、自分は自分だからしょうがないという感じ。


そんな自分が嫉妬するとき。
それは先を越されたと思ったとき。
自分になくて自分が欲しいものを持ってる人に会ったとき。
この二つかなと思います。


人と仲良くなるのがうまい人とかは嫉妬しちゃうなぁ~。
自分は上辺だけ仲良くなるのはうまいけど、本当に仲良くなるのは苦手だからなぁ~。
だから狭く深くの人間関係になっちゃう。
誰とでもすぐに仲良くなれちゃう人はうらやましいもんなぁ~。
まさに嫉妬。

嫉妬って悪いこと?


そんな風に時々他人に嫉妬してしまう私ですが、嫉妬って必ずしも悪いことではないと思うんです。
嫉妬するのもされるのも。
嫉妬してるってことは、相手と同じ土俵に上がってるって自覚してるからだろうし、嫉妬されるというのも案外悪くない。
新手のほめ方というかw
自分が自覚していなかった自分の良いところを教えてくれているようなものだから。


嫉妬されるって、その時はしんどいこともあるけど結構優越感あったりするんじゃないかぁ?
あのひとより勝ってる的な感覚。
嫉妬もされないようじゃライバルにも認定されてないってことだもんな。


嫉妬することで自分が高まることもあるし、嫉妬されて自分の側面に気づくこともある。
必ずしも悪いことだけではないのかな?


そんなことを考えた一日でした。
別に何かを妬んでるわけではないのであしからずw



ランキング参加してます。
良かったら応援してください。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ
にほんブログ村